メール配信サービスの選び方

メール配信システムの導入基準

メール配信システムを導入することで、自社が扱う商材に興味を持つユーザーを見つけやすくなります。営業活動を進める上では、購買意欲のあるユーザーを迅速に見つけられるかが大切です。営業マンが架電や訪問活動を行わなくても、興味のある顧客からの反響を受けられる状況を構築しておけば、売上目標を達成することは容易になるのです。メール配信システムを導入するにあたっては、導入の目的を明確にすることが必要です。扱っている商材に興味を抱くユーザーのペルソナを決めておき、どの形式のメール配信システムを導入すれば、スムーズに反響を得られるかを検討していきましょう。導入形態と搭載されている機能の検討を行ない、予算の範囲でのシステム選びを心がけることが大切です。

メール配信システム選びのポイント

メール配信システムには、社内に構築するタイプのオンプレミス型、Webサービスを活用したクラウド型があります。扱っている商材のペルソナを決めておけば、どのタイプを活用するべきかも見えていくでしょう。長きに亘ってユーザーの傾向が変わらないならば、手軽に導入することができるクラウド型のメール配信システムの導入を検討するのも良いでしょう。季節によってペルソナが変わっていく場合には、カスタマイズ性に優れたオンプレミス型のほうが良い場合もあります。営業活動の要になるシステムですから、メールの到着率や開封率の把握ができたほうが良いでしょう。ステップメール機能もあれば、見込み客の育成をスムーズに進めることができます。