メールの連絡先の管理

意外と手間がかかりミスが許されない業務

メール配信サービスを使って、メールの一斉配信を行う場合、誤送信することなく確実に配信する必要があります。メール配信サービスには、プロバイダーの制限やスパムメールと判定されないような工夫がされています。そのおかげで確実なメール配信が可能となっています。しかし、メールの連絡先がしっかり管理されていないと適切なメール配信は行えません。メール送信を停止したいとリクエストがあった利用者にメールを送信し続けると企業イメージを損なう可能性があります。新規連絡先が追加されていないと当然メールが届くことはありません。連絡先を管理する業務は意外と大変で手間がかかります。しかもミスがあるとメール配信の効果が薄れるため確実性も求められます。

メール配信サービスの連絡先管理機能の活用

メール配信サービスの中には連絡先管理機能があるものも少なくありません。連絡先管理機能は、会員登録や退会受付ができるようになっていて、連絡先が自動的に管理されるようになっています。その際、適切なメール返信も行われるため、利用者は不信感なく利用できるようになっています。この仕組みであれば、ミスが発生することはなく安心で、業務負荷が軽減できる効果も期待できます。メール配信サービスによっては、メールが開封されたかどうかがわかるようになっていて、メール配信の効果が分析できるようにもなっています。さらに、メールを開封してもらいやすい表題や本文の作り方を相談できるサービスもあります。このようなものをフル活用すれば、より一層のメール配信効果が期待できます。